セミナー詳細

2020/11/3(祝日) 全国 北海道・東北 関東 中部 関西 中国・四国 九州・沖縄 WEBライブ講習会(自宅受講)

鈴木俊明先生

※復習動画あり-11月3日WEBリアルライブ講習会:鈴木俊明先生-体幹と骨盤の評価と運動療法Part1

この講座のポイント

骨盤のアライメントには体幹筋が深く関わってきます。体幹機能に詳しい鈴木俊明先生に体幹機能を中心とした骨盤の評価に関わる内容を講義していただきます

セミナー中に録画した復習用動画を1週間限定公開させていただきます。セミナー終了後4日後までに送らせていただきます。  

受講料の支払い方法

WEBセミナーの準備と参加方法


 

鈴木俊明先生は日々研究を続けておられ、これまでに海外の論文も含め1000件以上の文献数は日本一です。
 
多数の本も執筆されています。
 

鈴木先生の講義は、いつも筋電図などの研究データをもとにした内容のため、エビデンスがしっかりしており、正しい評価ができるようになりたい方に大変役立つ内容であることを保証いたします。 
  
目から鱗の情報がいつも満載なので、セラピストフォーライフで開催する講習会の中でも、もっとも気づきの多い講習会の一つです。

 

 

先生の講義は特に評価を重要視しておられます。 
 
筋電図などによる確かな研究データをもとにした評価の知識、リハビリの本質を突いた考えを身につけることで、あなたの臨床力は大きく変わるでしょう。
  

今回の内容は「体幹と骨盤の評価と運動療法」がテーマです。 

体幹と骨盤の機能を正しく評価するためには、体幹機能を深く知る必要があります。 

鈴木先生は体幹機能の研究を長期間にわたって続けておられるため、適切な評価ができるようになるためには、今回の内容は大変参考になると思います。  

 

最後になりますが、鈴木先生は

『治せるセラピスト』
 
を育てたいとおっしゃっています。 
 
   
知識と実力においてリハビリ業界随一の鈴木俊明先生の講義で、本物の知識と技術をぜひとも学んでください。 
 
「参加して良かった」 
 
と必ず思っていただけると確信しています。

 

<講義概要> 

下記の内容をPart1とPart2の2回で徹底的に、熱く、分かりやすく解説していただきます。Part1とPart2は内容が違います。1日だけでは説明しきれないため2日間になっています。いずれか1日だけしか参加できない方でも理解できるように構成してありますが、より深く理解するために、できるだけ2日間の参加をオススメ致します。

1 座位保持に必要な体幹機能
2 座位での側方移動、前方移動で必要な体幹機能
3 立位での側方移動で必要な体幹機能
4 上肢運動で必要な体幹機能​​

 

 

セミナー概要

セミナータイトル ※復習動画あり-11月3日WEBリアルライブ講習会:鈴木俊明先生-体幹と骨盤の評価と運動療法Part1
講師 鈴木俊明先生(関西医療大学保健医療学部理学療法学科学科長、関西医療大学大学院 研究副科長 教授、医学博士)
対象 理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、柔道整復師、鍼灸師などセラピスト向け講習会
開催日 2020/11/3(祝日)
開催時間 9:00~12:00(受付8:30)
セミナー料金 (一般) 9000 円→7000円 (メルマガ会員)7000円→5000円
料金備考 受講料の支払い方法まとめはコチラ(お申し込み後に届くメールにも記載してあります)
会場 自宅
会場住所 自宅
アクセス -
会場地図 -

<メルマガ登録について>

メルマガ会員は会員価格で受講できる他、成長につながる情報をお届けします。
セミナーにお申し込みの方は当方で全員登録させていただきます(完全無料です)。
廃止解除についてはメルマガ内でいつでも解除できますが、解除後は一般価格扱いになるためご注意ください。

セラピストフォーライフのメルマガ登録

<キャンセルポリシー>

キャンセル料金は以下のようになっています。
お申込みから当日を含め開催8日前まで:受講料の0%
開催当日を含め7日前から4日前まで:受講料の50%
開催当日を含め3日前から当日:受講料の100%

講師紹介

鈴木俊明先生

鈴木俊明先生

(関西医療大学保健医療学部理学療法学科学科長、関西医療大学大学院 研究副科長 教授、医学博士)

関西医療大学保健医療学部理学療法学科学科長、関西医療大学大学院 研究副科長 教授、医学博士、理学療法士


神経疾患の理学療法を専門にしており、研究テーマは筋電図学的手法を用いた理学療法手技や理学療法効果検討である。また、神経疾患、特にジストニアの鍼治療に関する臨床研究をおこなっている。


【学歴】
昭和56年3月 神奈川県立横須賀高等学校 卒業
昭和58年4月 京都大学医療技術短期大学部 理学療法学科 入学
昭和61年3月 京都大学医療技術短期大学部 理学療法学科 卒業
昭和61年4月 佛教大学社会学部社会福祉学科 3回生編入学
昭和61年5月 理学療法士免許証取得 登録番号 第14078号
平成元年9月 佛教大学社会学部社会福祉学科 卒業(社会学士)
平成 6年2月 学位授与機構より学士(保健衛生学 第21号)授与
平成14年3月 藤田保健衛生大学より博士(医学 第352号)授与

【研究歴】
平成 4年4月 藤田保健衛生大学大学院医学研究科 研究生 (平成14年3月まで)
平成14年4月 藤田保健衛生大学リハビリテーション医学講座訪問研究員(現在まで)
平成14年6月 関西医科大学精神神経科学教室 研究員 (現在まで)

【職歴】
昭和61年4月 大阪府済生会野江病院 理学診療科
昭和63年4月 京都大学医療技術短期大学部 理学療法学科 助手
平成 6年4月 関西鍼灸短期大学 神経病研究センター 講師
平成13年4月 関西鍼灸短期大学 神経病研究センター 助教授
平成15年4月 関西鍼灸大学 神経病研究センター 助教授
平成19年4月 関西医療大学保健医療学部 臨床理学療法学教室 教授 現在に至る
平成23年4月 関西医療大学大学院保健医療学研究科 教授 現在に至る