セミナー詳細

2021/01/17(日) 午前9~12時(最大延長12:30) 全国 北海道・東北 関東 中部 関西 中国・四国 九州・沖縄 WEBライブ講習会(自宅受講)

中宿 伸哉(なかじゅく しんや)先生

午前開催 ※復習動画あり‐1月17日(日)WEBライブ講習会:中宿伸哉先生-足関節の診かた〜拘縮および疼痛に対する考え方から治療まで〜

この講座のポイント

根拠のある評価と治療をするための知識を徹底的にお伝えします

セミナー中に録画した復習用動画を1週間限定公開させていただきます。セミナー終了後4日後までに送らせていただきます。  
 
 

皆さんは、足関節の拘縮に対する治療で、どのようなことにお困りでしょうか?

他動背屈やしゃがみ込み時に足関節前方部が詰まったような痛みを訴えるケース、底屈時に足関節前方部の伸張痛や、後方部の疼痛などを経験したことはありませんか?

これらの症状は、拘縮により引き起こされることが多いですが、一言「拘縮」といっても、その原因は様々で、骨性、筋性、腱性、関節性、(神経原性)に分けることができます。

したがって、どの組織が影響しているかを評価し同定できなければ、治療のターゲットを絞ることができません。

一方、疼痛に対する治療では、まず炎症性の疼痛か、拘縮を基盤とした機械的ストレスに伴う疼痛かを分ける必要があります。

炎症性であれば、私達が対応できることは少なく、まずは局所注射や投薬が必要です。

機械的ストレスが原因であれば、拘縮か関節の不安定性かを評価した上で対応します。

本講義では、これらの鑑別から治療方法まで提示いたします。

 

【講義内容】

・足関節の機能解剖
・拘縮の評価と鑑別、治療介入
・疼痛が出る機序、原因
・局所の障害に関するエビデンス
・関節周囲の圧痛部位
・滑走障害の治療
 
など、その他多数。

セミナー概要

セミナータイトル 午前開催 ※復習動画あり‐1月17日(日)WEBライブ講習会:中宿伸哉先生-足関節の診かた 〜拘縮および疼痛に対する考え方から治療まで〜
講師 中宿 伸哉(なかじゅく しんや)先生(医療法人慈和会 吉田整形外科病院リハビリテーション科 科長)
対象 理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、柔道整復師、鍼灸師などセラピスト向け講習会
開催日 2021/01/17(日) 午前9~12時(最大延長12:30)
開催時間 9:00(WEBルーム入場8:30から可能)~12:00(最大延長12:30)
セミナー料金 (非メルマガ会員)8000 (メルマガ会員)6000
料金備考 受講料の支払い方法はコチラ(お申し込み後に届くメールにも記載してあります)
会場 自宅
会場住所 自宅
アクセス -
会場地図 -

<メルマガ登録について>

メルマガ会員は会員価格で受講できる他、成長につながる情報をお届けします。
セミナーにお申し込みの方は当方で全員登録させていただきます(完全無料です)。
廃止解除についてはメルマガ内でいつでも解除できますが、解除後は一般価格扱いになるためご注意ください。

セラピストフォーライフのメルマガ登録

<キャンセルポリシー>

キャンセル料金は以下のようになっています。
お申込みから当日を含む開催8日前まで:受講料の0%
開催当日を含む7日前から4日前まで:受講料の50%
開催当日を含む3日前から当日:受講料の100%

講師紹介

中宿 伸哉(なかじゅく しんや)先生

中宿 伸哉(なかじゅく しんや)先生

(医療法人慈和会 吉田整形外科病院リハビリテーション科 科長)

略歴)
2000年:平成医療専門学院理学療法学科卒業。
2000年:医療法人慈和会吉田整形外科病院リハビリテーション科入職。現リハ
     ビリテーション科科長。
2017年:中京大学大学院体育学研究科修士課程 修了(体育学修士)

所属学会)
整形外科リハビリテーション学会:理事、同学会認定指導員AA
日本足の外科学会 
日本靴医学会 
日本義肢装具学会 
日本整形外科超音波学会 
日本股関節学会 

著書)
・関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 上肢・体幹、下肢  メジカルビュー 
・極める変形性膝関節症の理学療法 文光堂

雑誌)
・「スポーツ障害に対する運動療法 −下腿−」 臨床スポーツ医学   
・「スポーツ外傷・障害の画像評価 −下肢 スポーツ障害におけるエコー画像の評価と理学療法」 臨床スポーツ医学 
・スポーツ障害理学療法ガイド 考え方と疾患別アプローチ −アキレス腱付着部障害及び足底腱膜炎に対するインソール」 臨床スポーツ医学
・「肘関節の障害に対する運動療法の実際」 メディカルプレス 理学療法