セミナー詳細

2021/11/7(日) 全国 WEBライブ(自宅受講)中田眞由美 先生

中田 眞由美(ナカダ マユミ)先生

※復習動画あり-11月7日WEBライブ講習会:中田眞由美先生-「巧緻性動作のその先へ」~箸の操作から手の動作を理解しよう、鎌倉方式が教えてくれるもの~

この講座のポイント

根拠のある評価と治療をするための知識を徹底的にお伝えします

セミナー中に録画した復習用動画を2週間限定公開させていただきます。セミナー終了後4日後までを目安に送らせていただきます。
 
 

このセミナーでは講義中に実際に試しながら理解し、実践できるようにしていだきます。
『箸の操作』という高い巧緻性が必要な動作を通して、手の特徴を理解していきます。
箸や硬貨などを使い、実践しながら楽しく学んでいただきたいと思います。

箸の操作は、手の巧みで細やかな動きを代表する最も身近な動作です。

しかし

箸を操作している手を分析するのはなかなか困難

です。

『鎌倉による手の動きを理解する枠組み』

を使うことで、いわゆる

「巧緻性動作」というだけに留まることなく

手の動作の特徴が理解できるようになります。

箸の操作を通して、手の特徴、巧緻性動作、についてもっと深く理解してみませんか。

【アジェンダ】

  1. 手はどのように箸を持ち開閉しているのだろうか?
  2. ピンセット型箸と普通箸の操作を比較してみよう
  3. 箸を操作している手を診るポイントは?
  4. あなたはどのタイプ? 3種類の箸操作パターンを理解しよう
  5. 箸の操作パターンを変更してみよう
  6. 手の機能、難易の度合いに合った箸の操作方法とは?
  7. 箸操作の利き手交換練習 どうしていますか?

受講者へのお願い】

実際に物体を触りながら受講していただきたいと思います。可能な範囲で結構ですので、以下をお手元にご準備いただけると幸いです。

1.箸(使い慣れたもの): 1
2.菜箸:1
3.自助具箸(箸ぞうくんなど) : 1
4.硬貨(10円、100円など):1
5.カッターナイフ:1
6. 鉛筆などの筆記用具:1

7.スプーン大(カレー用など):1
8.卓上鏡:1個

セミナー概要

セミナータイトル ※復習動画あり-11月7日WEBライブ講習会:中田眞由美先生-「巧緻性動作のその先へ」~箸の操作から手の動作を理解しよう、鎌倉方式が教えてくれるもの~
講師 中田 眞由美(ナカダ マユミ)先生(埼玉県立大学名誉教授)
対象 作業療法士(OT)、理学療法士(PT)、柔道整復師、鍼灸師などセラピスト向け講習会
開催日 2021/11/7(日)
開催時間 9:00(WEBルーム入場8:30から可能)~12:00(最大延長13:00)
セミナー料金 (一般)7000 (メルマガ会員)5000 
料金備考 受講料の支払い方法はコチラ(お申し込み後に届くメールにも記載してあります)
会場 自宅
会場住所 自宅
アクセス -
会場地図 -

<メルマガ登録について>

メルマガ会員は会員価格で受講できる他、成長につながる情報をお届けします。
セミナーにお申し込みの方は当方で全員登録させていただきます(完全無料です)。
廃止解除についてはメルマガ内でいつでも解除できますが、解除後は一般価格扱いになるためご注意ください。

セラピストフォーライフのメルマガ登録

<キャンセルポリシー>

キャンセル料金は以下のようになっています。
お申込みから当日を含む開催8日前まで:受講料の0%
開催当日を含む7日前から4日前まで:受講料の50%
開催当日を含む3日前から当日:受講料の100%

講師紹介

中田 眞由美(ナカダ マユミ)先生

中田 眞由美(ナカダ マユミ)先生

(埼玉県立大学名誉教授)

【略歴など】
・1976年より日米の病院・施設において手のリハビリテーションについて学び、その後茨城県立医療大学、埼玉県立大学等にて作業療法に関する研究・教育に従事.2020年3月埼玉県立大学を退職し、4月より同大学名誉教授.
・その間に、A Lee. Dellon (元Johns Hopkins 大学教授)に師事し、手の知覚のリハビリテーションについて指導を受ける.
・東京都老人研究所障害研究室で鎌倉矩子主任研究員(当時、現広島大学名誉教授)に師事し、手の動作学について学ぶ.NOMAハンド・ラボを立ち上げ、『NOMA手・上肢機能診断』を開発・公開.
・研修生として慶応義塾大学整形外科教室(手の外科班)において手外科、ハンドセラピーについて国内留学し、指導を受ける.

【著書】
2019 新 知覚をみる・いかす-手の動きの滑らかさと巧みさを取り戻すために-(共著).協同医書出版社
2013 手を診る力をきたえる(共著).三輪書店
2006 作業療法士のためのハンドセラピー入門(共著).三輪書店など

【講義など】
第30回日本ハンドセラピィ学会学術集会 招待講演「知覚から手の動作を見てみよう」(2018)
第47回日本作業療法学会 手・作業療法の可能性 シンポジスト「視点を定めれば手が見えてくる~問題解決型診断法「NOMA手・上肢機能診断」とは?」(2013)
第24回日本ハンドセラピィ学会学術集会ランチョンセミナー 講師「ローゼンスコアの紹介」(2012)

【所属学会など】
日本作業療法士協会会員 
American Society of Hand Therapists 認定会員
Journal of Hand Therapy 編集委員