セルフで体感する、姿勢を意識した嚥下のポジショニング ~評価と介入のポイントと実践~

Seminar

セミナー

  • NEW
  • 期間限定
  • WEB
  • 全職種向け
  • 内部障害

【見逃し配信】セルフで体感する、姿勢を意識した嚥下のポジショニング ~評価と介入のポイントと実践~

【見逃し配信】セルフで体感する、姿勢を意識した嚥下のポジショニング ~評価と介入のポイントと実践~

申込締切
  • 12/31TUE23:59
講師
  • 内田学先生(東京医療学院大学保健医療学部リハビリテーション学科理学療法学専攻准教授)

Point

既に終了したセミナーに関しても、申込可能期間内であれば見逃し配信(2週間視聴可能)でお申込み可能です。

Caution

受講するためにはメルマガ会員である必要があります。メルマガには代理登録させていただきます。

一緒に申し込まれているセミナー

内田学先生のセミナー

  • WEB 全職種向け 中枢

    パーキンソン病に対する嚥下リハビリテーション~体幹機能の改善、姿勢への介入、座位コンディショニングの実践~

    パーキンソン病に対する嚥下リハビリテーション~体幹機能の改善、姿勢への介入、座位コンディショニングの実践~

    close

    read more

    開催期間
    WEBライブ・録画受講可能
    • 5/18SAT14:00
    • 5/18SAT17:00
    申込締切
    • 5/26SUN23:59
  • 期間限定 WEB 全職種向け 内部障害

    【内田学先生】見逃し配信まとめページ

    【内田学先生】見逃し配信まとめページ

    close

    read more

    申込締切
    • 12/31TUE23:59
  • 期間限定 WEB 全職種向け 中枢

    【見逃し配信】片麻痺患者に対する嚥下リハビリテーション 〜体幹機能の改善、誤嚥性肺炎の予防、多職種連携のポイントなど〜

    【見逃し配信】片麻痺患者に対する嚥下リハビリテーション 〜体幹機能の改善、誤嚥性肺炎の予防、多職種連携のポイントなど〜

    close

    read more

    申込締切
    • 12/31TUE23:59

講義内容

 

2023年10月14日に開催したWEBセミナーの録画動画です。
・動画時間:約3時間
・視聴期間:2週間

内田学先生アーカイブ配信(※期間限定公開)

2023年開催分の過去セミナー申し込み(サルコペニア嚥下障害、パーキンソン病の嚥下障害、呼吸と嚥下障害、片麻痺の嚥下障害など全4タイトル)

体感型なので、準備していただきたいもの

体感型のセミナーになっているので、できればバスタオル、枕、椅子のご用意をお願い致します。

5分で学ぶ要点早わかり動画



嚥下障害に対して、私達ができることはたくさんある!

嚥下障害にどう向き合えば良いのか悩んだり、またはできることが少ないように感じておられないでしょうか?

ご存知の通り、食事を摂る際には適切な姿勢保持が重要であり、誤嚥を引き起こす重要な因子となっています。
 
疾患により様々な特異性が身体症状として出現しますが、いずれも姿勢に影響を与える場合がほとんどです。

リハビリテーションでは、適切な座位姿勢を保持させるために、さまざまな運動療法がおこなわれています。

・重力環境下において適切な咽頭・喉頭の位置を調整する(運動機能への介入)
・効果的に嚥下機能が発揮されるように外発的なサポートを行う(ポジショニング・シーティングなど)

このセミナーでは上記のような、適切な食事摂取場面を形成させるために必要な、ポジショニングの概念とその方法論について、具体例を提示しながら、分かりやすく解説していきます。

皆様が今回のセミナーを通して、自分にもできることはたくさんあるんだ、明日からやってみようと思っていただければ大変嬉しいです。



 

講義内容予定

1.姿勢と嚥下機能
・姿勢と脊柱機能?
・上肢の運動に関わる全身機能?
・ 誤嚥性肺炎患者の生存曲線
・ 正常な嚥下
・ 嚥下のステージ
・ 摂食・嚥下運動
・ 喉頭拳上と喉頭蓋閉鎖のメカニズム
・ 頬筋メカニズム
・ 嚥下に関与する筋活動
・ 健常者の正常な嚥下パターン
・ 舌の運動
・ 水と固形食物での嚥下の相違
・ 頚部・体幹・下肢の姿勢設定における嚥下機能の変化
・ 発達と舌運動

2.異常姿勢と嚥下障害
・姿勢保持筋と重心の関係、 抗重力筋活動
・嚥下障害の形成
・年齢に伴う下肢筋力および体幹筋力の経時的変化
・喉頭拳上と喉頭蓋閉鎖のメカニズム
・第3頸椎前縁上端を0,第5頸椎前縁下端を-1とした場合の相対位置
・喉頭安静時位置と喉頭挙上
・咽頭腔面積と嚥下機能
・嚥下反射の加齢変化
・姿勢異常の成り立ちと,嚥下障害との関連性
・顎関節の運動と姿勢の影響
・姿勢と顎関節の位置について

3.異常姿勢を形成するメカニズム
・症例: 姿勢の問題(頸部の過剰な前屈)
・頚部の異常姿勢(嚥下筋に加わるメカニカルストレス)
・頚部に異常を来す姿勢異常
・姿勢の変化に対する嚥下筋の変化
・立ち直り反応の有無と舌骨上筋の活動時間
・立ち直り反応の有無と嚥下クリアランス

4.ポジショニングとシーティング
・シーティングとポジショニングの違い
・シーティングによる圧の大きさ

5.ポジショニングの概念
・脳卒中患者に対する摂食・嚥下介入
・接触面積と圧分散の関係
・ポジショニングのポイント

6.ポジショニングの実践例
・事例1、2、3
・嚥下が困難になる要因
・ポジショニングの実際
・ポジショニングと姿勢の相違
・上肢の運動性を阻害する不良姿勢
・超音波エコーを用いた大殿筋の筋厚
・身体各部の重量と姿勢の影響
・摂食・嚥下の問題点
・高齢者と健常者を4条件下で比較
・下肢の屈曲拘縮?が強く浮いてしまう例
・座位の位置が良くない例と改善例

アンケート

OT12年目(生活期)-オススメ度10点:臨床での経験からなんとなくで行っていたポジショニングが、今回画像や動画、絵、数値で分かりやすく示されていたので「だからだったのか!」と気づきがたくさんありました。

OT12年目(回復期)-オススメ度9点:ポジショニングによって嚥下・上肢操作、本人の意思決定がこれほどまでに変化することが本講義で知ることができました。

ST1年目(回復期以外)-オススメ度10点:STとしての視点しか持てておらず、姿勢のことは教科書的なことしか学べていませんでした。初めて姿勢がどれだけ大事か理由をしっかりと知ることができた。

開催概要

read more

内田学先生の講習会の特徴

内田学先生
instructor
内田学先生
東京医療学院大学保健医療学部リハビリテーション学科理学療法学専攻准教授

PTやOTが、嚥下障害の予防と改善に積極的に関わるチームアプローチが当たり前になるようにと、積極的な活動をされています。全身の状態・姿勢・嚥下機能との関係性の理解を深めることを中心に学んでいただく講義です。物静かですが、とても熱い心をお持ちの理学療法士の先生です。

内田学先生へ質問、臨床の悩みなどの投稿はコチラ

受講者の声

  • 言語聴覚士(ST)

    姿勢調節でこんなに変わるということを知れて大変勉強になりました

    姿勢と舌圧に関する論文が勉強になりました。開口困難な方も、姿勢調節でこんなに変わるということを知れて大変勉強になりました。

  • 言語聴覚士(ST)

    何度参加しても常に新しい発見がある。

    内田先生の嚥下に対する熱いハートと、患者さんに対する想いがとてもよく伝わり、共感できました。内容もとても深く学びが多くありました。

講師紹介

read more

領収書

WEBライブセミナー(インボイス番号が必要ない方)は決済サイトのPeatix内にあるマイチケット等から領収書を発行してください。
それ以外の方は、下記より申請をしてください。(インボイス番号あり)

キャンセル

キャンセル料⾦は以下のようになっています。

お申込みから当⽇を含む
開催7⽇前まで
受講料の0%
開催当⽇を含む7⽇前から
4⽇前まで
受講料の50%
開催当⽇を含む3⽇前から
当⽇
受講料の100%

【見逃し配信】セルフで体感する、姿勢を意識した嚥下のポジショニング ~評価と介入のポイントと実践~

関連セミナー

内田学先生のセミナー

  • WEB 全職種向け 中枢

    パーキンソン病に対する嚥下リハビリテーション~体幹機能の改善、姿勢への介入、座位コンディショニングの実践~

    パーキンソン病に対する嚥下リハビリテーション~体幹機能の改善、姿勢への介入、座位コンディショニングの実践~

    close

    read more

    開催期間
    WEBライブ・録画受講可能
    • 5/18SAT14:00
    • 5/18SAT17:00
    申込締切
    • 5/26SUN23:59
  • 期間限定 WEB 全職種向け 内部障害

    【内田学先生】見逃し配信まとめページ

    【内田学先生】見逃し配信まとめページ

    close

    read more

    申込締切
    • 12/31TUE23:59
  • 期間限定 WEB 全職種向け 中枢

    【見逃し配信】片麻痺患者に対する嚥下リハビリテーション 〜体幹機能の改善、誤嚥性肺炎の予防、多職種連携のポイントなど〜

    【見逃し配信】片麻痺患者に対する嚥下リハビリテーション 〜体幹機能の改善、誤嚥性肺炎の予防、多職種連携のポイントなど〜

    close

    read more

    申込締切
    • 12/31TUE23:59

【見逃し配信】セルフで体感する、姿勢を意識した嚥下のポジショニング ~評価と介入のポイントと実践~

Information

セラピストフォーライフからのお知らせ

  • ずっと無料

ライン登録で特典を
もらいたい⽅

いまセラフォーの公式ラインに登録すると、人気講師の赤羽根良和先生による解説動画(肩甲帯の触診・治療動画、合計20分以上)を受け取れます!

今後もLINE会員だけのキャンペーンやプレゼント情報を受け取れるようになります

セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから
  • ずっと無料
  • お得な情報をお届け

メルマガについて

セミナーにお申し込みされた⽅は⾃動でメルマガに登録され、今後メルマガが届くようになります。配信解除はメルマガ内でいつでも解除できますが、セミナーを受講するにはメルマガへの再登録が必要となります。

最新情報や、セミナーの日程変更・延期、システム変更などの重要な案内を送らせていただきます。

セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから

講義を録画した復習⽤動画を最⼤2週間限定公開

最⼤2週間限定公開 セミナー終了後2⽇後までに送らせていただきます。当⽇参加ができない場合でも、当⽇参加者と同じ条件で復習⽤動画の視聴と資料の入手ができるのでご安⼼ください。