片麻痺患者に対する嚥下リハビリテーション 〜体幹機能の改善、誤嚥性肺炎の予防、多職種連携のポイントなど〜

Seminar

セミナー

  • NEW
  • 期間限定
  • WEB
  • 全職種向け
  • 中枢

【見逃し配信】片麻痺患者に対する嚥下リハビリテーション 〜体幹機能の改善、誤嚥性肺炎の予防、多職種連携のポイントなど〜

【見逃し配信】片麻痺患者に対する嚥下リハビリテーション 〜体幹機能の改善、誤嚥性肺炎の予防、多職種連携のポイントなど〜

申込締切
  • 12/31TUE23:59
講師
  • 内田学先生(東京医療学院大学保健医療学部リハビリテーション学科理学療法学専攻准教授)

Point

既に終了したセミナーに関しても、申込可能期間内であれば見逃し配信(2週間視聴可能)でお申込み可能です。

Caution

受講するためにはメルマガ会員である必要があります。メルマガには代理登録させていただきます。

一緒に申し込まれているセミナー

内田学先生のセミナー

  • WEB 全職種向け 中枢

    パーキンソン病に対する嚥下リハビリテーション~体幹機能の改善、姿勢への介入、座位コンディショニングの実践~

    パーキンソン病に対する嚥下リハビリテーション~体幹機能の改善、姿勢への介入、座位コンディショニングの実践~

    close

    read more

    開催期間
    WEBライブ・録画受講可能
    • 5/18SAT14:00
    • 5/18SAT17:00
    申込締切
    • 5/26SUN23:59
  • 期間限定 WEB 全職種向け 内部障害

    【内田学先生】見逃し配信まとめページ

    【内田学先生】見逃し配信まとめページ

    close

    read more

    申込締切
    • 12/31TUE23:59
  • 期間限定 WEB 全職種向け 内部障害

    【見逃し配信】セルフで体感する、姿勢を意識した嚥下のポジショニング ~評価と介入のポイントと実践~

    【見逃し配信】セルフで体感する、姿勢を意識した嚥下のポジショニング ~評価と介入のポイントと実践~

    close

    read more

    申込締切
    • 12/31TUE23:59

講義内容

 

2023年9月16日に開催したWEBセミナーの録画動画です。
・動画時間:約3時間
・視聴期間:2週間

内田学先生アーカイブ配信(※期間限定公開)

2023年開催分の過去セミナー申し込み(サルコペニア嚥下障害、パーキンソン病の嚥下障害、呼吸と嚥下など全3タイトル)

5分で学ぶ要点早わかり動画



これからは、PT・OT・ST・Ns・Dr.などが連携し、一つチームで嚥下障害に取り組もう

嚥下障害にどう向き合えば良いのか、1人で悩んでおられないでしょうか?

今回の講義を通して、私達にできることは、まだまだたくさんあるんだと気づいていただければと思っています。

嚥下障害の原因は多岐にわたります。

そのため多職種と連携し、同じ目標にチーム一丸となって、それぞれの役割を果たすことが何よりも重要です。

嚥下障害は全身の機能障害から考えよう

嚥下障害を咽頭や喉頭などの局所性嚥下機能障害と捉えるのではなく、サルコペニアやフレイル、下肢機能の低下なども含めた、全身の機能の障害として評価・介入することが重要になります。

講師の内田学先生は理学療法士の視点から、嚥下障害のリハビリテーションについて、分かりやすく、丁寧に教えてくださいますので、知識が不十分だと感じていたとしても、安心してご参加ください。

嚥下に関わっておられる方、嚥下にこれから取り組んでいきたい方、チームとしての機能を果たせるようにしたい方など、職種は問いません。

皆様が今回のセミナーを通して、自分にもできることはたくさんあるんだ、明日からやってみようと思っていただければ大変嬉しいです。

講義内容予定

1.脳卒中片麻痺患者に生じる嚥下障害の実状

・誤嚥性肺炎患者の生存曲線
・脳卒中患者における嚥下障害
・胃ろう増設の原因
 

2.急性期・回復期・生活期の嚥下障害の特徴

・脳血管障害発症後の嚥下機能
・脳卒中発症時の意識障害と退院時FOIS
・嚥下障害の原因は、嚥下機能とは言い難い
・年齢に伴う下肢筋力および体幹筋力の経時的変化
・サルコペニアと摂食嚥下障害
・喉頭拳上と喉頭蓋閉鎖のメカニズム
・咽頭腔面積と嚥下機能
・サルコペニア嚥下障害に対する介入のポイント

3.SAP(脳卒中関連肺炎)のとらえ方

・脳卒中関連肺炎
・SAP発症まで

4.片麻痺者の姿勢異常と嚥下障害の関係性

・動作能力と嚥下機能
・頚部の異常姿勢(嚥下筋に加わるメカニカルストレス)
・発達と舌運動
・急性期の嚥下介入
・脳卒中急性期に介入するポイント
・首の太さ
・座位姿勢を改善させる介入のポイント
・回復期~生活期の嚥下障害

5.片麻痺者の呼吸障害と嚥下障害の関係性

・嚥下と呼吸調節の関係性
・CVDにおける拘束性換気障害
・脳卒中患者の肺気量(嚥下障害の有無)
 

6.多職種連携で取り組む嚥下障害介入

・症例提示
・バランス練習
・基本動作練習(姿勢反射を意識)
・PTの役割:適切な座位姿勢を形成
・作業療法の効果
・嚥下筋に対する介入
・言語聴覚療法後の効果

アンケート

(ST1年目:満足度10/10点)
「姿勢から介入する摂食嚥下」は拝読させていただいていたのですが、今回のご講義は不勉強な私でも、より理解がしやすく、臨床でも活かしていきたいと感じるご講義でした。私はST1年目でまだまだわからないことが多いですが、患者様の食事評価や介入の際に今回学んだ視点を活かし、またPTやOTの先生方とも知識を共有していきたいと思います。本日は本当にありがとうございました。

(N.S21年目:満足度10/10点)
貴重なご講演ありがとうございました。私は認定看護師ですが、食べる姿勢をアセスメントをすることをとても苦手としていました。今回ご教示いただいた、姿勢の土台をみるという視点をもち、摂食嚥下のポジショニングを考えていきたいと思いました。ありがとうございました。

 

(PT15年目:満足度10/10点)
今回のセミナーで、より若いスタッフにも重要性を知ってもらいリハ科全体で取り組み、少しでも多職種との連携強化に繋がるよう取り組んでいこうと思いました。またや内田先生も考え方や患者様に良くなってほしいということを、もっと僕自身も勉強したいので、またセミナーに参加させていただきます。貴重なご講演、ありがとうございました。

開催概要

read more

内田学先生の講習会の特徴

内田学先生
instructor
内田学先生
東京医療学院大学保健医療学部リハビリテーション学科理学療法学専攻准教授

PTやOTが、嚥下障害の予防と改善に積極的に関わるチームアプローチが当たり前になるようにと、積極的な活動をされています。全身の状態・姿勢・嚥下機能との関係性の理解を深めることを中心に学んでいただく講義です。物静かですが、とても熱い心をお持ちの理学療法士の先生です。

内田学先生へ質問、臨床の悩みなどの投稿はコチラ

受講者の声

  • 言語聴覚士(ST)

    何度参加しても常に新しい発見がある。

    内田先生の嚥下に対する熱いハートと、患者さんに対する想いがとてもよく伝わり、共感できました。内容もとても深く学びが多くありました。

  • 理学療法士(PT)

    チームアプローチの真髄が学べた。

    質問に対しての回答が丁寧で分かりやすく、さらに付け加えた知識を知ることができたからです。実際の症例の介入前後の比較が圧倒的でした。

講師紹介

read more

領収書

WEBライブセミナー(インボイス番号が必要ない方)は決済サイトのPeatix内にあるマイチケット等から領収書を発行してください。
それ以外の方は、下記より申請をしてください。(インボイス番号あり)

キャンセル

キャンセル料⾦は以下のようになっています。

お申込みから当⽇を含む
開催7⽇前まで
受講料の0%
開催当⽇を含む7⽇前から
4⽇前まで
受講料の50%
開催当⽇を含む3⽇前から
当⽇
受講料の100%

【見逃し配信】片麻痺患者に対する嚥下リハビリテーション 〜体幹機能の改善、誤嚥性肺炎の予防、多職種連携のポイントなど〜

関連セミナー

内田学先生のセミナー

  • WEB 全職種向け 中枢

    パーキンソン病に対する嚥下リハビリテーション~体幹機能の改善、姿勢への介入、座位コンディショニングの実践~

    パーキンソン病に対する嚥下リハビリテーション~体幹機能の改善、姿勢への介入、座位コンディショニングの実践~

    close

    read more

    開催期間
    WEBライブ・録画受講可能
    • 5/18SAT14:00
    • 5/18SAT17:00
    申込締切
    • 5/26SUN23:59
  • 期間限定 WEB 全職種向け 内部障害

    【内田学先生】見逃し配信まとめページ

    【内田学先生】見逃し配信まとめページ

    close

    read more

    申込締切
    • 12/31TUE23:59
  • 期間限定 WEB 全職種向け 内部障害

    【見逃し配信】セルフで体感する、姿勢を意識した嚥下のポジショニング ~評価と介入のポイントと実践~

    【見逃し配信】セルフで体感する、姿勢を意識した嚥下のポジショニング ~評価と介入のポイントと実践~

    close

    read more

    申込締切
    • 12/31TUE23:59

【見逃し配信】片麻痺患者に対する嚥下リハビリテーション 〜体幹機能の改善、誤嚥性肺炎の予防、多職種連携のポイントなど〜

Information

セラピストフォーライフからのお知らせ

  • ずっと無料

ライン登録で特典を
もらいたい⽅

いまセラフォーの公式ラインに登録すると、人気講師の赤羽根良和先生による解説動画(肩甲帯の触診・治療動画、合計20分以上)を受け取れます!

今後もLINE会員だけのキャンペーンやプレゼント情報を受け取れるようになります

セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから
  • ずっと無料
  • お得な情報をお届け

メルマガについて

セミナーにお申し込みされた⽅は⾃動でメルマガに登録され、今後メルマガが届くようになります。配信解除はメルマガ内でいつでも解除できますが、セミナーを受講するにはメルマガへの再登録が必要となります。

最新情報や、セミナーの日程変更・延期、システム変更などの重要な案内を送らせていただきます。

セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから

講義を録画した復習⽤動画を最⼤2週間限定公開

最⼤2週間限定公開 セミナー終了後2⽇後までに送らせていただきます。当⽇参加ができない場合でも、当⽇参加者と同じ条件で復習⽤動画の視聴と資料の入手ができるのでご安⼼ください。