臨床に多い内側部と前面部痛を呈した変形性膝関節症の評価と運動療法1~機能解剖、セルフ触診、神経の圧痛の取り方など~

Seminar

セミナー

  • NEW
  • オススメ
  • WEB
  • PT向け
  • 運動器

臨床に多い内側部と前面部痛を呈した変形性膝関節症の評価と運動療法1~機能解剖、セルフ触診、神経の圧痛の取り方など~

臨床に多い内側部と前面部痛を呈した変形性膝関節症の評価と運動療法1~機能解剖、セルフ触診、神経の圧痛の取り方など~

開催期間
第1回:WEBライブ・録画受講可能
  • 7/30SUN09:00
  • 7/30SUN12:00

※トラブルで開始時刻が遅れた場合、遅れた時間延⻑します

開催期間②
第2回:WEBライブ・録画受講可能
  • 9/9SAT14:00
  • 9/9SAT17:00

※トラブルで開始時刻が遅れた場合、遅れた時間延⻑します

開催期間備考
  • 8:30から入場可能

申込締切
  • 9/15FRI23:59
講師
  • 吉井太希先生(さとう整形外科、運動器認定理学療法士)

Point

・既に終了したセミナーに関しても録画動画視聴(2週間視聴可能)をお申込み可能です。予習・復習にお使いいただけます。
・セミナー中に録画した復習用動画を最大2週間限定で公開させていただきます。セミナー終了後4日後までに送らせていただきます。
・当日参加ができなくなった場合でも当日参加者と同じ条件で復習用動画を視聴できるのでご安心ください。

Caution

受講するためにはメルマガ会員である必要があります。メルマガには代理登録させていただきます。

講義内容

吉井先生のアーカイブ配信に申込みたい方はコチラ(※期間限定公開)

>>>2022年9月〜2023年5月開催分の過去セミナー申し込み(頭頚部・胸郭の触診および評価・治療など全6タイトル)

評価と治療技術、どっちを磨くべきか?

想像してみてください。

評価力は今の自分と変わらないけど、治療技術は尊敬する日本一のセラピストと同じになったとしたら?

結果を出せることもあれば、出せないことも多いだろうなと想像できると思います。

では評価力が日本一で、治療技術は今の自分と変わらないとしたら?

めちゃくちゃ結果を出せるようになる気がしないでしょうか?

 

つまり臨床で結果を出すためにもっとも大事なのは

どこが原因になっているのか?

どこを治療すれば良いのか?

を見極める評価力なのです。

 

その評価力を高めるための知識を、機能解剖から徹底的に解説します。

セルフ触診の時間では、評価でもっとも大切と言っても良い触診スキルを磨くことができます。

仮説をもとに一つ一つ丁寧に評価を進めていき、原因を見つけるための方法を一緒に学んでいきましょう!

講義内容予定

※内容は2回セットになっていますが、それぞれ別講義扱いとなります。どちらかの日程だけでもご参加できますが、一緒に受講されることで、より深く理解できます。

7月30日:臨床に多い内側部と前面部痛を呈した変形性膝関節症の評価と運動療法1~機能解剖、セルフ触診、神経の圧痛の取り方など~

◇変形性膝関節症の概要
・変形性膝関節症とは
・変形性膝関節症の分類
・変形性膝関節症例の臨床症状

◇膝関節の運動学
・大腿脛骨関節の運動学
・膝蓋大腿関節の運動学

◇セルフ触診
・膝蓋骨の解剖、触診
・大腿骨内側上顆・外側上顆の解剖、触診
・関節裂隙の触診
・大腿四頭筋(大腿直筋・外側広筋・中間広筋・内側広筋)の機能解剖、触診
・膝蓋上嚢の機能解剖、触診
・膝蓋下脂肪体の機能解剖、触診
・内側側副靭帯の機能解剖、触診
・内側半月板の機能解剖、触診
・鵞足筋群(薄筋・縫工筋・半腱様筋)の機能解剖、触診
・半膜様筋の機能解剖、触診
・腓腹筋内側頭の機能解剖、触診
・各組織を触診する際のポイント・注意点
・伏在神経の圧痛の取り方
・上内側膝神経の圧痛の取り方
・下内側膝神経の圧痛の取り方

 

9月9日:臨床に多い内側部と前面部痛を呈した変形性膝関節症の評価と運動療法2~病態解釈、鑑別評価、疼痛改善の方法など~

◇変形性膝関節症の概要
・変形性膝関節症例に多い下肢・体幹アライメント
・歩行の特徴について
・変形性膝関節症例が認めやすい疼痛について
・変形性膝関節症に対する手術療法(HTOTKA)

◇前方部痛について(特に膝蓋下脂肪体を深堀する)
・膝蓋下脂肪体とその臨床症状
・膝蓋下脂肪体と膝関節アライメントの関係
anterior intervalの機能的役割について
・浅層部と深層部に生じる病態の違いについて
・膝蓋下脂肪体などの評価・運動療法

◇内側部痛について(疼痛因子を鑑別する)
・膝関節内側部の組織構造
・内側部痛と膝関節アライメントの関係
・変形性膝関節症例における鵞足部痛の病態
・内側半月板の逸脱について
・内側膝蓋半月靭帯について
・伏在神経膝蓋下枝など、末梢神経性疼痛の診方
・各疼痛因子に対する評価・運動療法

◇拘縮性の可動域制限に対する運動療法
・膝関節屈曲可動域を増加させる方法
・膝関節伸展可動域を増加させる方法
・膝関節内旋可動域を増加させる方法

講義概要

セミナータイトル 臨床に多い内側部と前面部痛を呈した変形性膝関節症の評価と運動療法1~機能解剖、セルフ触診、神経の圧痛の取り方など~
講師 吉井太希先生(さとう整形外科、運動器認定理学療法士)
対象 理学療法士(PT)、 作業療法士(OT)、 柔道整復師、 鍼灸師、 鍼灸按摩マッサージ師
開催期間 【第1回:WEBライブ・録画受講可能】 7/30(日)09:00〜7/30(日)12:00
※トラブルで開始時刻が遅れた場合、遅れた時間延⻑します。
開催期間② 【第2回:WEBライブ・録画受講可能】 9/9(土)14:00〜9/9(土)17:00
※トラブルで開始時刻が遅れた場合、遅れた時間延⻑します。
開催期間備考 8:30から入場可能
申込締切 9/15(金)23:59
セミナー料⾦ (メルマガ会員)各回 5,000円
開催地の住所 自宅(WEBライブ受講)

吉井太希先生の講習会の特徴

吉井太希先生
instructor
吉井太希先生
さとう整形外科、運動器認定理学療法士

運動器疾患について、機能解剖から病態を正しく理解し、精度の高い評価と治療ができるように学んでいただけます。触診の練習や、姿勢アライメント、動作分析などを、基礎から丁寧に教えてもらえます。

吉井先生へ質問、臨床の悩みなどの投稿はコチラ

受講者の声

  • 理学療法士(PT)

    吉井先生に感謝いたします!

    頚部の触診をこのようにわかりやすく説明していただけるのはとてもありがたいです。オンラインでここまで明瞭でなかった部位を"ちゃんと触診できた"という感覚を得られたのは初めてです。

  • 柔道整復師

    触診を丁寧にわかりやすく教えてくださったのでお勧めできます。

    自分の触診技術で足りない部分を明確にできたのも良かったし、講師の方にも丁寧に教えてもらえたのでとても良かったです。セルフでの触診方法もこんなに豊富でわかりやすく教えてくださるセミナーはなかなかないと思います。

講師紹介

さとう整形外科、運動器認定理学療法士

吉井太希先⽣

村山先⽣へ質問、臨床の悩みなどの投稿はコチラ
主な経歴
  • 2017年3月 中部学院大学リハビリテーション学部 卒業
  • 同年4月 さとう整形外科 入職

領収書

領収書が欲しい⽅は下記ページをご覧ください。
(お⽀払い後に申請してください)

キャンセル

キャンセル料⾦は以下のようになっています。

お申込みから当⽇を含む
開催7⽇前まで
受講料の0%
開催当⽇を含む7⽇前から
4⽇前まで
受講料の50%
開催当⽇を含む3⽇前から
当⽇
受講料の100%

臨床に多い内側部と前面部痛を呈した変形性膝関節症の評価と運動療法1~機能解剖、セルフ触診、神経の圧痛の取り方など~

関連セミナー

吉井太希先生のセミナー

  • WEB PT向け 運動器

    足部の機能評価と姿勢制御2~アライメント改善、歩行と姿勢の修正を中心に~

    足部の機能評価と姿勢制御2~アライメント改善、歩行と姿勢の修正を中心に~

    close

    read more

    開催期間
    第1回:録画視聴申込み可能
    • 5/7SUN00:00
    • 5/7SUN00:00
    開催期間②
    第2回:録画視聴申込み可能
    • 5/28SUN00:00
    • 5/28SUN00:00
    申込締切
    • 6/2FRI23:59
  • WEB PT向け 運動器

    改善が実感できる股関節の機能評価と運動療法~歩行能力と機能障害の改善効果を高めるために~

    改善が実感できる股関節の機能評価と運動療法~歩行能力と機能障害の改善効果を高めるために~

    close

    read more

    開催期間
    第1回:録画視聴申込み可能
    • 5/6SAT00:00
    • 5/6SAT00:00
    開催期間②
    第2回:録画視聴申込み可能
    • 5/27SAT00:00
    • 5/27SAT00:00
    申込締切
    • 6/2FRI23:59
  • WEB 全職種向け 運動器

    臨床で実践する!胸郭出口症候群に対する評価と運動療法2~肋鎖間隙以遠編~

    臨床で実践する!胸郭出口症候群に対する評価と運動療法2~肋鎖間隙以遠編~

    close

    read more

    開催期間
    第1回:録画視聴申込み可能
    • 4/29SAT00:00
    • 4/29SAT00:00
    開催期間②
    第2回:録画視聴申込み可能
    • 5/27SAT00:00
    • 5/27SAT00:00
    申込締切
    • 6/2FRI23:59

臨床に多い内側部と前面部痛を呈した変形性膝関節症の評価と運動療法1~機能解剖、セルフ触診、神経の圧痛の取り方など~

Information

セラピストフォーライフからのお知らせ

  • ずっと無料

ライン登録で特典を
もらいたい⽅

いまセラフォーの公式ラインに登録すると、人気講師の赤羽根良和先生による解説動画(肩甲帯の触診・治療動画、合計20分以上)を受け取れます!

今後もLINE会員だけのキャンペーンやプレゼント情報を受け取れるようになります

セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから
  • ずっと無料
  • お得な情報をお届け

メルマガについて

セミナーにお申し込みされた⽅は⾃動でメルマガに登録され、今後メルマガが届くようになります。配信解除はメルマガ内でいつでも解除できますが、セミナーを受講するにはメルマガへの再登録が必要となります。

最新情報や、セミナーの日程変更・延期、システム変更などの重要な案内を送らせていただきます。

セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから

講義を録画した復習⽤動画を最⼤2週間限定公開

最⼤2週間限定公開 セミナー終了後2⽇後までに送らせていただきます。当⽇参加ができない場合でも、当⽇参加者と同じ条件で復習⽤動画の視聴と資料の入手ができるのでご安⼼ください。