明日から使える! 高次脳機能障害のリハビリテーション〜ADL・IADLをどう診て支援するか~

Seminar

セミナー

  • NEW
  • 期間限定
  • WEB
  • OT向け
  • 中枢

見逃し配信【できるを探す作業療法】高次脳機能障害のリハビリテーション〜ADL・IADLをどう診て支援するか~(前編・後編)

見逃し配信【できるを探す作業療法】高次脳機能障害のリハビリテーション〜ADL・IADLをどう診て支援するか~(前編・後編)

申込締切
  • 12/31TUE23:59
講師
  • 東泰弘先生(作業療法士)

Point

既に終了したセミナーに関しても、申込可能期間内であれば見逃し配信(2週間視聴可能)でお申込み可能です。

Caution

受講するためにはメルマガ会員である必要があります。メルマガには代理登録させていただきます。

一緒に申し込まれているセミナー

東泰弘先生のセミナー

  • 期間限定 WEB 全職種向け 中枢

    【東泰弘先生】見逃し配信まとめページ

    【東泰弘先生】見逃し配信まとめページ

    close

    read more

    申込締切
    • 12/31TUE23:59
  • 期間限定 WEB OT向け 中枢

    【見逃し配信】(全2回)リハビリテーションに活かす基礎からの脳画像の見方~どう解釈し臨床に繋げるか~

    【見逃し配信】(全2回)リハビリテーションに活かす基礎からの脳画像の見方~どう解釈し臨床に繋げるか~

    close

    read more

    申込締切
    • 12/31TUE23:59

講義内容

2023年11月18日、12月9日に開催した全2回のWEBセミナーの録画動画です。
・動画時間:各回約2時間
・視聴期間:各回2週間

5分で学ぶ要点早わかり動画



高次脳機能障害の評価に必要だが、軽視されがちな視点

高次脳機能障害に対する作業療法評価は、一般的な作業療法評価と同様に①情報収集、②面接、③検査、④観察で構成されます。

具体的には、対象者の脳画像や主訴、スクリーニングテストなどの各種機能障害評価、生活場面の観察から得られた情報を組み合わせて支援を進めていきます。

一般的には、高次脳機能障害の評価には、スクリーニング検査を用いることが多く、観察による評価は少ない傾向にあります。

もちろん検査を用いてその方の認知特性を評価し机上課題を実施し、対象者の認知機能そのものに働きかけることも重要です。

しかし、ADL観察を通して何がどのように困難であるのかを細かく分析し、ADLに直接介入する視点も非常に重要です。

 

机上課題はADL改善に効果があるのか?

脳卒中ガイドラインにおいて、失われた認知機能そのものに対する回復訓練(机上課題など)の効果が実生活の動作に汎化するのかに関して、十分な根拠がないとされています。

例えば、ある対象者に半側空間無視があるということが検査からわかりました。

その対象者に半側空間無視の回復を促す線分抹消課題などの機能訓練を実施しても更衣や移乗、トイレ動作などのADLに汎化するかは、わからない

ということだと考えます。

 


そこで、ADLを観察評価し遂行できない原因を明らかにすることで、それぞれの動作に対して自立を阻害している機能障害の特性を踏まえて直接支援することが重要であると考えます。

今回は高次脳機能障害者のADLIADL観察をどのように行うのか、脳の基礎的な働きを復習しながら観察した内容を分析する方法を共有します。



さらに実際の事例を提示し対象者が抱えている問題を分析した上で、どのように支援したかを共有したいと考えています。

 

講義内容予定

資料の後半からは実際の症例を提示し、具体例を通して評価と介入を考えていきます。
ただ知識を詰めこむのではなく、実践的な内容になっています。

1.脳卒中ガイドラインからみた評価と支援

・二つの評価・介入が大切
・半側空間無視に対するリハビリの方法とエビデンス
・記憶障害に対するリハビリの方法とエビデンス
・注意障害に対するリハビリの方法とエビデンス
・遂行機能障害に対するリハビリの方法とエビデンス

2.ADL遂行時の脳のリハビリテーション

・A-ONEとは
・特定のADLが困難な人の評価と介入(症例を通して)
・評価の具体的な流れと実践方法
・認知と随意運動の関係
・認知機能の評価
・前頭前野の働き

3.ADLIADL観察の仕方

・インシュリン自己管理例で考えてみよう
・カレー作りの際の行動の計画で考えてみよう
・行動の計画と運動プログラムの違い
・監視と修正

4.観察から支援に繋ぐ方法 

・症例紹介
・どの段階でエラーが起きているのか?
・A氏のエラーを脳の機能から分析する
・A氏の問題点
・A氏に対する4つの具体的介入
・トイレ動作を分析的に見て科学的に介入する
・Cさんのトイレ動作を妨げる機能障害
・代償的アプローチ
・回復的アプローチ
・習得的・回復的アプローチ
・非麻痺側での立位保持練習
・機能訓練時も応用行動分析学的に


アンケート

(OT20年目:満足度10/10点)
できるを探すこと、まさにこれがリハビリだと再認識できたこと、苦手意識があった高次脳機能障害へのアプローチについて、障害のきたし方がよりわかりやすく、実践的な分析の仕方に触れて、前向きにアプローチができそうだと実感できたことです。

(OT3年目:満足度9/10点)
高次脳機能障害とADLを関連づけた勉強会があまりなく、とても興味深かったです。高次脳機能障害で病態失認のある方に、動画だけでなく自己採点してもらうことでフィードバックする、という方法は思いついていなかったので勉強になりました。

(OT14年目:満足度10/10点)
何が原因でその動作ができないかを明確にすることの重要性を改めて考えられました。またOT、セラピストとしてできることを探し育てることが自分達のできることというのはとても誇らしいことだと感じました。

開催概要

read more

東泰弘先生の講習会の特徴

斉藤嵩先生
instructor
東泰弘先生
作業療法士

高次脳機能障害があるケースのリハビリで悩まれている方は多いと思います。東先生は高次脳機能障害に詳しく、基礎知識から臨床で活用できる知識やテクニックなどを分かりやすく教えてくださいます。

東先生へ質問、臨床の悩みなどの投稿はコチラ

講師紹介

read more

領収書

WEBライブセミナー(インボイス番号が必要ない方)は決済サイトのPeatix内にあるマイチケット等から領収書を発行してください。
それ以外の方は、下記より申請をしてください。(インボイス番号あり)

キャンセル

キャンセル料⾦は以下のようになっています。

お申込みから当⽇を含む
開催7⽇前まで
受講料の0%
開催当⽇を含む7⽇前から
4⽇前まで
受講料の50%
開催当⽇を含む3⽇前から
当⽇
受講料の100%

見逃し配信【できるを探す作業療法】高次脳機能障害のリハビリテーション〜ADL・IADLをどう診て支援するか~(前編・後編)

関連セミナー

東泰弘先生のセミナー

  • 期間限定 WEB 全職種向け 中枢

    【東泰弘先生】見逃し配信まとめページ

    【東泰弘先生】見逃し配信まとめページ

    close

    read more

    申込締切
    • 12/31TUE23:59
  • 期間限定 WEB OT向け 中枢

    【見逃し配信】(全2回)リハビリテーションに活かす基礎からの脳画像の見方~どう解釈し臨床に繋げるか~

    【見逃し配信】(全2回)リハビリテーションに活かす基礎からの脳画像の見方~どう解釈し臨床に繋げるか~

    close

    read more

    申込締切
    • 12/31TUE23:59

見逃し配信【できるを探す作業療法】高次脳機能障害のリハビリテーション〜ADL・IADLをどう診て支援するか~(前編・後編)

Information

セラピストフォーライフからのお知らせ

  • ずっと無料

ライン登録で特典を
もらいたい⽅

いまセラフォーの公式ラインに登録すると、人気講師の赤羽根良和先生による解説動画(肩甲帯の触診・治療動画、合計20分以上)を受け取れます!

今後もLINE会員だけのキャンペーンやプレゼント情報を受け取れるようになります

セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから
  • ずっと無料
  • お得な情報をお届け

メルマガについて

セミナーにお申し込みされた⽅は⾃動でメルマガに登録され、今後メルマガが届くようになります。配信解除はメルマガ内でいつでも解除できますが、セミナーを受講するにはメルマガへの再登録が必要となります。

最新情報や、セミナーの日程変更・延期、システム変更などの重要な案内を送らせていただきます。

セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから セラピストフォーライフ 公式LINE友達追加はこちらから

講義を録画した復習⽤動画を最⼤2週間限定公開

最⼤2週間限定公開 セミナー終了後2⽇後までに送らせていただきます。当⽇参加ができない場合でも、当⽇参加者と同じ条件で復習⽤動画の視聴と資料の入手ができるのでご安⼼ください。